白内障手術の感想1 No.1~20

手術を受けられた方からの感想です。患者様にはアンケート記載時に、ホームページへの掲載について了承を得ております。
※患者様から頂きました感想はあくまで患者様個人の感想です。悩んでおられる方等の参考までに掲載しております。

70代 男性

薄暗い所での仕事が楽になった。
夕方の運転が楽になった。2~3年前に発症して不自由(めがねを変えた2~3回)でした。

医師コメント

遠方から来院してくれている患者様です。偽落屑症候群という高齢の方に多い病態があるために、散瞳薬を入れても瞳が広がりにくい状態でした。こうなると手術がやや難度が増します。手術を安全に行うために、瞳を大きくする工夫をして手術を行いました。偽落屑症候群の方は緑内障にもなりやすいです。しかし、この患者様については緑内障にはなっておらず、白内障手術だけで良好な視力を得られて良かったですね。

60代 男性

ゴルフで打球の行方が見えず、プレーを諦めようと考えていたが、手術後、良く見える様になり、スコアも良くなりゴルフが楽しくなった。
読書も字が見辛く、数十分で疲れて辞めていたが、疲れが少なくなり、本や新聞を熟読できる様になった。
先生ありがとうございました。

医師コメント

子供のころのケガで以前より片目がほとんど見えておられませんでした。良い方の目はかなり強い近視があって、更に白内障が起こり、御不便であったと思われます。近視がかなり強かったので、視力がどのぐらい出るかと危惧していましたが、(1.2)が見えるようになり、生活が便利になったことと思います。

60代 男性

良く見えるので良かったです。

医師コメント

片目を5年前に手術されておられました。このように時間が経ってから反対の目を手術される方も多くいらっしゃいます。白内障手術で挿入した眼内レンズが入っている水晶体のカプセルが手術後に濁ってくることを後発白内障といいます。今回診察させて頂くと5年前に手術した目のほうに後発白内障が起こっていましたので、まずは後発白内障に対して、YAGレーザーで治療しました。その後、反対の目の白内障手術を行い、両目とも良好な視力を得ています。

90代 女性

6年程前から白内障の手術を心に決めておりました。24年5月30日頃、目の前がかすんできました。私と同じ~号棟に住んでおられる~~様の紹介で佐藤先生にお世話になりました。やさしくわかりやすく説明をして下さいました。手術も心配することなく無事に終り、目の前がパッと明るくなって本当に夢のようでした。看護師のやさしくて親切にお世話をして頂くことがとてもうれしいことです。娘も大変喜んでおります。立派な先生に手術をして頂き感謝をしております。手芸や織物ができてこれからも元気ですごしたいと思っております。

医師コメント

かなり前から手術を考えられていたのですね。長年の悩みが解決されて、術者としても非常にうれしく思います。お友達に紹介されて、来院される患者様が増えてきました。非常にやりがいを感じています。

70代 男性

手術前には、身体の手術より目の手術の方がだいぶん痛いだろうと思っておりましたが、白内障の手術をして頂いて、余り痛さは感じませんでした。手術前には読書はメガネと虫メガネ両方を使用していましたが、手術後は何も使用せずに、新聞なども読める様になり、大変うれしく思っています。色々と御世話さまになり有難うございました。

医師コメント

「友達が簡単に白内障は手術できると言われた」と来院されました。「実際に行う手術は常にミリ単位での術者の精密な動きが必要で、細かい手術であり、決して簡単ではありませんよ、合併症なども起こり得るのですよ。ただ患者さんにとってはかなり負担の少ない手術になっています。」ということをご説明したところ納得されていました。結果も非常によく、裸眼で暮らせるようになってよかったと喜んでおられます。

50代 女性

急激に目がかすみ、毎日のストレスが(見えにくい)ウソのようになり、若い頃のように物がハッキリ見え、すがすがしい気持ちになり、いっぺんにストレスがなくなりました。手術もスゴクこわいと思っておりましたが、先生をはじめスタッフの方々に見守られて安心して楽に手術をうけられました。ありがとうございました。メガネなしで歩ける嬉しさを今、喜んでおります。

医師コメント

もともと、強い遠視のある患者様でした。こういう目をした方は、若い頃は裸眼でよく見えていたのに、40代で近くが見えにくくなり、さらに遠くも裸眼で見にくくなるタイプです。要は昔は裸眼で見えていたのに、遠くも近くもメガネがないと見えなくなります。若い頃にメガネをかけおられないので、メガネをかけるのを嫌がられる傾向があります。そこで白内障がさらに起こると、非常に不便となります。白内障だけでなく、遠視というピンボケを一緒に治すことができたので非常に喜んばれました。

80代 男性

3年前から少し遠目がぼけていた。暗くなって居た。術を受け、明るくなった。もっと早く術を受けていた方が良かった。遠くが良く見える様になったのでうれしく思いました。有難う御座いました。‘感謝’して居ります。

医師コメント

水晶体の大きな役割は3つです。1、光を眼内に通します。そのため、透明性が大事です。2、光を屈折させます。それにより目の奥の網膜にピントを合わせます。3、遠くも近くも見えるように厚みを変えて、光の屈折を調節します。1については、白内障の目に比べて明らかに眼内レンズの目が優位です。2については、もともとピンボケ(遠視や近視、水晶体による乱視)がある方がほとんどで、眼内レンズの目が優位なことが多いです。3については、60代以上の方は老眼がほぼ完成しており、白内障の目と眼内レンズの目はほぼ同等と考えられます。そのため、ほとんどの方が、眼内レンズの目にすることで喜ばれる傾向にあるわけです。

70代 女性

朝、目がさめた瞬間から人生が変ったようです。回りが明るくて物がみえる事がうそみたいです。料理を作る時、お風呂に入る時もすごく楽になりました。自分の顔を鏡でみるのはちょっといやですね(よく見えるから)!!時々コンタクトレンズを入れているような感じがする時もあります。今、眼鏡をかけ忘れたりちょっとややこしい事がよくありますが、そのうちなれると思います。先生に感謝してます。

医師コメント

手術前の相談では、1mぐらい(軽い近視)にピントを合わせて、家の中のことはできればある程度裸眼でできるイメージで眼内レンズの度数を決めました。手術後は大体のことが裸眼でできるようになり、近くの細かいものを見るときだけメガネを使ってられるようです。

60代 女性

左側がずっと油膜がはっている様にぼやけていたのがすっきりして信号の光も1つになりました。夜、暗いところが少しこわかったり、あぶない経験もありましたが、術後はその不安もなくなりました。先生の所で手術をもっと早く受けていれば良かったと思うとともに感謝いたしております。

医師コメント

もともと両目とも20cmにピントが合っていた近視でしたが、片目だけ白内障が非常に進行して、目の前5cmにピントが合っていました。白内障が進むと近視が進むことがあるのです。よって、片目だけメガネも合わず、不便を感じていたようでした。手術後は近くの字が細かいものまで見えるようになって喜ばれました。

80代 男性

活字が見やすくなりうれしいです。これからガマンせず早くお伺い致したく思いました。

医師コメント

片目を約10年前に手術されており、反対眼の手術相談で来院されました。先にしたほうの目が良く見えており、それほど不便がなかったため、1年以上の間、手術をしようか、しまいか悩まれていました。両目でスッキリ見えるようになり、良かったですね。

60代 女性

先生のお言葉の説明で、かなり不安だった手術も楽に受けられ、今はこんなにもあかるい(茶系の白を自分自身が白と思っていたのが)これから遠くも良く見えて、嬉しいです。ありがとうございました。手術を受けた日は夕方~夜は不安でしたが、先生の「大丈夫ですか!!」電話で不安も解消されました。私のまわりにもサトウ眼科の「いい病院 先生がいい」と評判です。評判どおりでした。ありがとうございました。左眼の不安も半日でなおり安心でした。

医師コメント

手術当日はどのようなお気持ちで患者様が暮らしておられるか、術者として私も不安ですので、お電話を掛けるようにしています。お話を聞くと、当日からよく見えるという患者様と、まだかすんで見えるという患者様など様々です。当日から見え方を求めるのではなく、手術が無事に終わったことに安心して、ゆっくりお過ごしになられるのが良いかと思います。

50代 女性

見えている!見えたんだ!見る事が出来た!幼い頃より右目の視力が5cm以内しかなかったのです。佐藤院長先生に検査の結果と診察をして頂いて初期の白内障である事と私の右目の不自由さをしっかりと説明して頂き、主人と二人で手術の説明をていねいに分かりやすく教えて頂きました。その時に手術をしますと御返事をし予約を致しました。予定通りに通院・点眼を致しました。手術は10分間でした。私の右目が2日目には指紋がハッキリと見えたのです。人生で右目で判断出来た事は初めての事です。視野も広がり、光も充分に受け入れ感じられました。手術をして本当に良かった。50年以上かかって知った空の広さ、高さ、青さ。足取り軽く私の気持ちは通院で通る公園の桜と同じ色!!しあわせを心一杯に感じています。院長先生・看護師さん・スタッフの皆様、心より御礼申し上げます。ありがとうございます。

医師コメント

右目が5cm、左目が20cmにピントが合っている左右差のある近視の方でした。メガネは左右の度数が違いすぎるとかけれないので、左目に合わせた度数となり、右目はあまり使っていない状態だったんだと思います。眼内レンズの度数は左目に合わせた20cmを目標にして手術を行い、近くが右目でも見えるようになり、左右のバランスも良くなって、非常に喜ばれました。現代の白内障手術は近視や遠視といったピントずれを調整できる手術となっています。

50代 男性

視界が明るくなり、大変感激しています。
新聞がメガネ無しで読めて、助かってます。ありがとうございました。

医師コメント

片目は先天性の白内障を小さいころから指摘されていたそうです。先天性の方を近くに、反対目を遠くに眼内レンズのピントを合わせて手術を行いました。
すると予想以上に遠くも近くも見える目になり、「人生で一番見えてるわ」とのことでした。お仕事でする車の運転も非常に楽になったと喜ばれています。

60代 男性

大変良くなって、もっと早く手術をすれば良かった…

医師コメント

早くするべきかどうか、悩ましいところですね。早くすれば良かった!と患者様に思っていただける手術結果になれば、嬉しい限りです。

70代 女性

5,6年前白内障であることが分かり、点眼薬での治療をしていました。当時、手術についてはもう少し様子を見ながらとのことでしたので、私もそうしようと考えておりました。

しかし、今回手術を受けて後、視界がとてもきれいに見え、特に白、みどりがはっきりしました。そして日常生活においても目に映るものがよく見えることに喜びを感じています。

医師コメント

ほとんどの患者様がおっしゃることですが、手術後は「色が鮮やかに見える」とおっしゃいます。白内障により青系統の短波長の光が遮られていたのが、スッキリ光が通るようになることで、青白く感じるようです。ただ、次第に脳が慣れてきて違和感がなくなります。

60代 女性

10年以上前に1週間くらい入院し結構辛かったが、今回は体力も落ちているし、やや心配がありましたが、無事に乗り切れて安心しました。手術中も、今どんなことをしているか説明していただいて、安心感が増しました。今は眼の状態も快適です。

医師コメント

以前に他の病院で手術をした目が、近くにピントが合っていました。今回の目は遠くにピントが合って、メガネが全くいらなくなって非常に喜んでおられました。片目を遠く、片目を近くに合わせるのをモノビジョンと呼びます。メガネの使用頻度が減るのがメリットですが、すべての方に適応とはなりません。

50代 男性

夜の視界が悪く、黒っぽい服の人とか、トンネルの中とか見にくかったのが、以前よりよく見えるようになり、運転の不安がなくなり、又近視でコンタクトをしていたが、ゴミや目やに等で運転中見にくくなることがあって不安だったのが、解消できたのが、手術してよかったのと、近視が治ったことである。

医師コメント

白内障が取れたこと、近視が治ってハードコンタクトがいらなくなったことは生活での大きなメリットですね。裸眼で遠くが見えるように眼内レンズを合わせており、近くを見るときはメガネを使っていらっしゃいます。それも手術前から使っており、不便はないそうです。

60代 男性

手術決意前は友人の体験談などを聞き、慎重になっていた。目のことでもあるし、どこの病院でもよいとは考えず、自分で選びました。現在右目3週間、左目1週間経ちましたが、全く何の違和感もなく過ごしています。

中学時代より45年間眼鏡をかけていたので、今でも老眼鏡をかけたまま歩くことがあり、外したほうがよく見えるのにと思うと、苦笑して外している。防護メガネはかけているが、外を歩いてもとても嬉しい気分です。視力は1.2もあって運転も楽です。

術後すぐは光が乱反射したりしましたが、2,3日で徐々に収まり今は全くありません。医院の皆様、誠にありがとうございました。感謝。

医師コメント

手術前はハードコンタクトを装用されていてゴルフボールが見えずらく、不便だったそうです。白内障だけでなく近視も治って、裸眼でゴルフを楽しまれているそうです。

70代 女性

79才で見えなくて困っておりましたが、手術を受けてよく見えるようになり、仕事するのが楽になり、喜んでおります。有難うございました。人に話しております。

医師コメント

同世代で生活に困っている方の日常生活のお世話をボランティアでされているそうで、手術後は見えるようになって、人のお世話をするのが楽になった、と喜ばれておりました。サトウ眼科のことを気に入って下さったようで、何人も患者様をご紹介頂いております。

60代 男性

中、高校生ぐらいから強い(かなり)近視で大学生からハードコンタクトを入れ、40数年、眼にはかなりのハンディがありました。この度、白内障の手術を受けることになり、最初は視力がどの程度回復するのか、不安と期待でしたが、15分足らずの手術で人生が変わりました。

術後の翌朝、目が覚めた時、明るく遠くが見えたことがどんなに嬉しかったことか、家内も自分のように喜んでくれました。佐藤先生と看護師の方に心から御礼を申し上げます。
またゴルフを楽しめるようになり、同世代の仲間にも勧めていきたいと思っています。

医師コメント

元々、近視がかなり強く、目のピントの位置が5㎝ぐらいにあっている患者様でした。ハードコンタクトを使って、遠くにピントを合わせる生活をしていらっしゃりました。そこで、今まで通りの生活パターンで暮らせるように、眼内レンズによるピント調整は遠くに合わせることとしました。白内障だけでなく、近視も治って非常に喜んでいただけました。

このページの先頭にもどる