有水晶体眼内レンズ(ICL)手術の感想

手術を受けられた方からの感想です。患者様にはアンケート記載時に、ホームページへの掲載について了承を得ております。
※患者様から頂きました感想はあくまで患者様個人の感想です。悩んでおられる方等の参考までに掲載しております。

20代

幼少期より強度近視と乱視があり、コンタクトとメガネが手放せない状態でした。
レーシックなどの他の手術も考えましたが、自分の目の悪さでは術後合併症が出る可能性が高いと言われて、どうしようか…と思っていたときにICLを知りました。
正直、サトウ眼科さんを選んだのは通いやすさと費用だったのですが、先生やスタッフの方、みなさん優しく相談にのってくださり感謝しています。
術後はそこまで違和感を持つこともなく快適にすごしています。
朝起きたときやお風呂のときなどに視界がクリアになり、目が見えないストレスから解放されました。ありがとうございました。

医師コメント

現状ではICLを希望される患者様は、レーシック手術を断られて、良く調べたらICLというのがあるじゃないか・・・という方もいらっしゃります。
レーシックは最も行われていた時期に比べて1/9に減少してしまいましたが、それでもまだ屈折矯正手術のファーストチョイスかと思います。
ただ、眼科の学会ではICLの治療成績の良いことがしきりに発表されており、症例数が増えている状態です。患者様にとっての一番の問題は価格かと思います。
ICLは、スイスの会社にはインターネット上で発注します。
手間暇もかかり、価格帯は今後もあまり下がらないかと思います。当院のある西宮は比較的経済的に余裕のある方も多く、ICLを考えている方も多い地域ではないかと推測しています。お悩みの方は、ご相談ください。

40代

物心ついてからこういった手術をするのは初めてで、不安な気持ちだった。小学生の頃から目が悪く、眼鏡とコンタクトを併用する生活だったが、スポーツをすることが多く、コンタクトのみの生活になってしまい、元々アレルギー体質もあって結膜炎でコンタクトは難しいと言われ当院でこの手術を進められて受けようと思いました。
術中は目の消毒は少ししみたが、目の圧迫感があるだけで痛みはほとんどなかった。術後の経過は頭痛や頚部の痛みは多少あるが、0.02だった視力が1.5まで回復し非常に満足しています。まだ術後1週間しかたっていないが、見え方も順調なので若いうちにICL治療はおすすめします。ありがとうございました。

医師コメント

コンタクトレンズ処方を希望されて初診された患者様。目が凄く乾燥し、他院でアレルギーの目薬ももらっているとのこと。診察すると、ドライアイだけでなく、上まぶたの裏側の結膜に巨大乳頭という所見を認めました。こういう方は、コンタクトレンズにつく汚れやタンパク質に反応しており、コンタクトレンズという異物があっていません。
そこで、強度近視でもあり、こういう選択肢もありますよ、とお勧めしました。現在、術後3ヶ月が経っていますが、1.5が綺麗に見えているようです。老眼世代になるまでは、裸眼生活を楽しめる可能性が高いですね。良かったです。

40代

手術前は「毎日のコンタクトケアがなくなれば楽になるなあ~」ぐらいにしか考えていませんでしたが、全然違いました。
まず、以前よりかなりクリアに見えます。街の風景も人の顔もハッキリクッキリ見えます。これ結構感動します。スポーツ・レジャーの時、コンタクト装着時には悩まされていた風や水、雨、埃など、今は気になりません。ですので色々な事を純粋に楽しむ事ができます。
あと、コンタクトしたまま寝てしまい、次の日目が覚めると目がカピカピでまっ白の視界って事ももうないですし。とにかく快適に毎日を過ごす事ができています。本当に手術してよかったです。

医師コメント

手術前は両目とも目の前8センチぐらいにピントがあっていて、視力は0.01だった患者様。
ICLを行い、手術翌日から1.5が見えるようになりました。ICLは手術前の視力検査が大事で、2回に分けて、特殊な目薬を使いながら、慎重に検査していきます。その結果をもとに、目の中に入れるICLの度数が決まりますので、少し検査時間はかかりますが、しっかりと術前検査をしていきましょう。
とにかく、便利・快適になったようで良かったですね。

40代

メガネ無いせいかつできてうれしい。

医師コメント

裸眼視力は右が0.04、左が0.04の近視の患者様。
勤務医時代にLASIK治療も経験させていただいていたので、現状でのLASIKとICLのメリット、デメリットをお話し、ICLで近視を治すことになりました。手術翌日には両目とも裸眼で1.2になり、術後3ヶ月の段階では両目とも裸眼で1.5の視力を得ています。
メガネから解放されて、起きた瞬間に見えるようになり良かったですね。

このページの先頭にもどる