患者様の声 白内障手術 感想 5 | 西宮市のサトウ眼科 西宮駅徒歩5分

厚生労働省認定の先進医療実施施設/ICL認定クリニック サトウ眼科

白内障手術の感想9 No.81~100

手術を受けられた方からの感想です。患者様にはアンケート記載時に、ホームページへの掲載について了承を得ております。
※患者様から頂きました感想はあくまで患者様個人の感想です。悩んでおられる方等の参考までに掲載しております。

80代女性

母の代理で書いております。
一年ほど前に白内障の手術を他医院で予定していたのですが、圧迫骨折となり中止になりました。その間認知症が悪化し、白内障の手術はもう無理かと案じていました。 こちらの先生の話を聞き、認知症でも周りの努力により本人に負担なく手術ができると聞き手術をうけました。視力の回復により気持ちの向上や認知症のよくせいに期待をもっています。1日4回の点眼など大変な事も多かったのですが、母の不安を一つでも取りのぞく事ができ、たいへん感謝しております。

医師コメント

超高齢化社会を向かえ、しばらくすると2025年問題(団塊の世代が医療を必要とする75歳以上になる時期)も控えています。認知症の方もさらに増えることと思います。認知症があると入院して治療をした方が良いと考える方もおられるようですが、実際は入院といういつもと違う環境におかれる(ストレスを受ける)ことで、徘徊や寝たきりなどを起こすことがあるようです。ですので、白内障という日帰り手術が確立した疾患は入院する方がリスクが高いと考えます。周りの家族の努力があったのだと思いますが、この方も普通に日帰り手術で無事に治療を終えております。

60代女性

手術後今までぼやけて見えにくかった左眼がとっても良く見えるので家事をするのも、本を読む事も楽しくやらせて頂いています。
又、字も書きにくかったのにスムーズに書ける様になりうれしく思います。本当にありがとうございました。

医師コメント

もともと遠くにピントが合っている目をされていましたが、白内障が進行したために片目だけ近視になった患者様。そうなんです、白内障が進むとピントの位置が近くに変わることがあるんです。
そのため人によっては老眼で近くが見えなかったのが、白内障が進行して近くは少し見えるようになったという場合もあります。
この方は、遠くにピントを合わせるのを希望されました。術後裸眼で1.0が見えており順調ですね。

40代男性

8年前に別の目を白内障で手術しましたが、その時より、気持ちや身体の負担が少なく感じました。
サトウ眼科で手術してもらって良かったです。

医師コメント

8年前の時は東京の大学病院で手術を受けられたそうで、物々しい雰囲気の中で手術が行われたそうです。当院では比較的楽に受けられたようで良かったですね。術後はすぐに徳島に転勤されたので、信頼できる先生に紹介させていただきました。

70代男性

1.術前テレビの字幕が見えにくかったがよく見えるようになった。新聞、本も読みやすくなった。
2.新しいレンズのメガネを作れば、さらに見やすくなるだろうと期待しております。
3.手術中不安と緊張の長い15分間でしたが、手術中に手を握って頂いたことは地獄の中で仏様、キリスト様より手を握って頂いたような安心感を覚えました。
手術が終ってもずっと手を握って頂けたらさらに幸せな気持になれたと思います。

"

医師コメント

もともと近視で目の前30センチあたりにピントが合っていた患者様。術後も近くを裸眼で見たいという要望でしたので、近くに合わせました。
感想を書いていただいた後に、遠く用のメガネを作られて、「よう見える、全く問題ない」とのお話を聞けました。

60代女性

私は学生の頃より近眼でメガネがいつも必要でした。
白内障の手術によって遠くか近くかどちらを見える様にするのを選ぶのに迷いましたが、日々の生活において裸眼で見えるのが夢でしたので家でメガネなしの生活、本当に楽で今はとても幸せです。
年を取ると私は白内障という目の病気になりましたが、そのお蔭で今は1.0という目を与えられて……良かったです。

医師コメント

最初に受診した時は目の中の炎症を起こしていて、それにより眼圧が異常に高くなり緑内障を起こしていた患者様です。
目薬の治療で炎症は治まり、眼圧もコントロール良好になりましたが、今度は白内障による見にくさがひどくなってきました。術後の炎症に注意して手術を行いましたが、無事に経過しています。

70代女性

先生が大変優しく良くして下さって、本当に感謝しています。
毎日、新聞、読書も出来るようになり人生バラ色になりました。ガスの炎が虹色に見えるのに感動しました。
本当にありがとうございました。看護婦さんも皆やさしく素敵な人ばかりで感謝しています。

医師コメント

もともと遠方にピントが合っていた患者様ですが、手術前のアンケートで近くを裸眼で見たいとのことでした。こういう希望の方は結構おられますが、勘違いしている場合があるので何度も説明します。
というのは、近くが裸眼で綺麗に見えるようにピントを合わせると遠くが見えないんですよ、ということです。我々からすると当たり前なのですが、遠くは今のまま見えて、近くも見えるようにしてくれると思われるようです。あと、もともと遠くが見えている人は遠くが見えにくくなりますよと伝えてもどのぐらい見えにくくなるのか、実感できないので、大丈夫だろう、まあ見えるだろうと思ってしまう方もいるようです。
この方については遠方は裸眼で今よりも見えにくくなることを理解され、メガネをかけている顔が好きだから、術後もメガネをかけたいとの希望があることより近くに合わせました。
術後には世界が変わったとおっしゃられ、良かったですね。

70代男性

読みたかった新聞の字がハッキリ見え読みやすくなった。人とカオを見合せながら話せるようになった。ウレシイ。又、手術前の先生(かんごし)さんのやさしい説明が不安をやわらげてくれた。
又、手術後の点眼や用心も大切とわかったし良かったと思っている。
定期の(ケンサ)も良かったと思います。今のサトウ眼科のやさしさをこれからもつづけてほしい。ほんとにありがとう。これからもよろしく。

医師コメント

初診時より原因不明の視神経萎縮を認めておられたので、術後視力が出にくいことをお話していました。
こういう方の場合に遠くにピントを合わせると遠くは視力が悪くて見えない、近くもピンボケで見えにくいということになります。
ご本人も近くのものが少しでも見えたらとのことでしたので、近くにピントを合わせました。術後は新聞の字が見えるようになったと喜んでいただけました。

80代女性

私の白内障は平成24年ぐらいからぼちぼちに今年になってから急激に見えにくくなり、いつもぼやっと日ぐれ時の様でした。
先生に診察をしていただいて緑内障もあるから早くした方がいいと云われ5/12左、5/22右を手術していただきました。
当日は心臓がとびだしそうにドキドキしましたが、今は新聞のこまかい字もよく見え、第一色彩がきれいに見え喜んでおります。
その上、体があまりつかれなく(今までは肩こり、歯いた)なりました。本当に有難うございました。

医師コメント

もともと緑内障で2種類の目薬をさされていた患者様。
当院では手術3日前から一旦緑内障など他の目薬は止めていただき、手術後1週間から緑内障の目薬など必要のあるものは再開してもらっています。
緑内障の患者様とは一生の付き合いとなります。根気よく目薬を続けましょうね。

80代男性

入院中、手術は大変と聞かせられていたので不安であったが、手術後は私にとって簡単に済んだような気がし、今では何見ても良く見え喜んでいる。

医師コメント

人工透析をされていた患者様。透析の関係上、入院での手術は難しいとのことでご紹介いただきました。
現代の白内障手術では、余程のことがない限り全身疾患が原因で日帰り手術が出来ないということはありませんので、体・健康に自信のない方もご相談ください。

70代女性

思い切って手術を受けて大変良かったと思います。
手術時間も短くてアッという間でした。
これから好きな読書も出来て大変うれしい事です。
本当にありがとうございました。

医師コメント

近視が強く、そこに白内障が進行して遠くも近くもかすんで見にくいという訴えで手術を受けられました。
遠くは見えなくてよい、メガネをかけるとのことでしたので、近くに合わせています。
無事に終わって良かったですね。

80代男性

先生よりの経過のお電話感激しました。字が実にきれいによくみえるようになった。
(眼鏡はすぐ…すぐくもるので)
(特に左眼がきれいにみえます)
ありがとうございました。

医師コメント

ほぼ90歳ぐらいの超高齢者の患者様。遠くはそんなに見えなくてもよい、本が読みたい、メガネはそんなにしない、とのことでしたので、中間にあわせることを提案しました。大体僕の思い通りの感じになって、ご本人も満足されており、良かったですね。

70代女性

右目がひどくすすみ、左目片目で見るので歩くのも慎重になり階段がこわかったが、目の前が明るくなり、世界が広がった感じ。
あまりによく見え、安心の左目がかすんだ感じで先生が両方手術した方がよいといわれたのがよく判った。
手術中は痛くはないが不安感いっぱいで体がカチカチとなり看護師さんが手を添えて下さり有難かったです。
この先生ならという紹介でお世話になりました。期待以上でした。院内の皆様の雰囲気もgoodでした。
感謝!

医師コメント

他眼科からの紹介患者様で術後は紹介先で診ていただいています。この方のように、片目の白内障が急に進行する方がおられます。ただ、この方は70代で強い遠視の目(裸眼では遠くも近くもピントが合わない)でした。見えにくい目の手術をすると結局のところ自分で見えていると感じていた良い方の目も白内障があることを感じられるようになります。急ぎではないので、さらに進行したら手術を考えましょうね。

70代男性

小さい文字が良く見えて眼が楽になり新聞等が読み易くなった。
ファインダーをのぞいた時視野がひろがり見易くなった。

医師コメント

ご夫婦で両眼とも白内障手術を受けられた患者様でした。スッキリ見えるようになったとのことで、良かったですね。

60代男性

手術前裸眼で0.1以下であったが術後1.0~1.2に回復すると同時に白濁視界がクリアになった。結果として、
(1)運転がしやすくなった。
(2)起床時、フロ上がりにメガネを探す必要がない。
(3)ゴルフボールの飛球が良く見える。
等良い事づくめで感謝しております。

医師コメント

手術前は20センチにピントが合っている近視の方でした。手術前から遠近両用メガネを使用されていました。術後に裸眼で見えると嬉しいものとして、ゴルフ、車の運転をあげておられ、遠方に合わせることになりました。もちろん、手術前に近くが見えないことの不自由さも十分にお話しし、「わかりました。遠近両用メガネをかけるので、裸眼は遠くに合わせてください」とのことでした。術後、 起きた時にメガネを探さなくてよいことが非常に気に入っているそうです。必要時には遠近両用メガネを使って、苦も無く暮らしているのことでした。僕は近視なので、起きた瞬間からメガネを探さなくてはいけないので、羨ましいです。

70代女性

私は幼少時、麻疹の後遺症で角膜を傷めてメガネでの視力矯正も不可能のまま、あきらめて今まで過してきました。年をとると共にものが見えづらくなり(かすみ・まぶしさ等)好きな本も楽しめなくなっておりました。
佐藤先生に診て頂くと白内障の症状が相当進んでいて、手術して眼内レンズを合わせれば、今よりは見えやすくなり、視力も少しは良くなるとお聞きし、又、日帰り手術という事も手術して頂く決心になりました。
そして今は朝起きて目にはいるもの全てがクリアに写り、新聞なども普通の人のように30cm位離して読めるようになりました。手術して頂いて本当に良かったと思っています。ほんとうに有難うございました。

医師コメント

感想に書いていただいている通り、小さい頃の病気の影響で、黒目(角膜)に濁りと不正乱視(メガネで矯正できない乱視)がありました。こういう方の多くは、白内障が進行しても「自分は元々目が悪いから」とあきらめている方が多くいらっしゃる印象があります。たとえば、「50代のころはもう少し見えていたのになあ」と思う方は、この間に何か他の目の病気が発生している可能性がありますので、お近くの眼科専門医を受診されることをお勧めします。この方も、かなり強い白内障が進行していました。また、黒目が濁っていると手術が難しいので、いろいろな手術補助剤(デバイス)を使いながら、無事に終えることができました。目で苦労されてきた方の手術はこちらもより慎重になります。責任を果たせて、良かったです。

70代女性

手術が不安でしたので毎日考えて居ました。
でも手術をして良く見える様に成り本当に毎日楽しみです。
先生のおかげと感謝して居ります。
友達にも良かったから行きなさいと話して居ります。先生本当に有難うございました。

医師コメント

手術前は、両目ともメガネをかけても0.1も見えない状態でした。眼底検査をしても白内障が強くて、ほとんど詳細不明なぐらいでした。3年ぐらい前からかなり悪かったようで、我慢されていたものと思いました。よく見える様になって良かったですね。

60代女性

先日は白内障の手術をしていただき大変お世話になりました。
佐藤先生始めスタッフの皆様の親切な対応に心より感謝致しております。手術前は目がかすみ大変うっとうしく思っておりましたがそれも改善されこれからの人生楽しく好きな事をしながら過ごしてゆきたいと思っております。
本当にありがとうございました。

医師コメント

乱視というのは目に入ってきた光が曲がる(屈折)するところで起こります。具体的には、角膜(目の表面)と水晶体(レンズ)で乱視が発生するのです。この方は、片眼のみ角膜の乱視が強い状態でした。白内障による水晶体の乱視は白内障手術である程度減少するのですが、角膜の乱視は残ってしまいます。そこで、この方については、片眼のみ乱視用の眼内レンズを挿入しました。術後、両眼とも裸眼でよく見えておら

40代女性

手術を受け、自宅に帰宅した時点でもう、すっきりと見えるようになり驚きました。大変感謝しております。ありがとうございました。
手術も10分程の短時間で説明通りで負担がすくなくありがたい事でした。

医師コメント

小さい頃からアトピー性皮膚炎があり、目を痒くて掻いていたそうです。片眼のみ水晶体の前の方が濁る前嚢下白内障の状態でした。この方のようにピントを合わせる機能(調節力といいます)が残っている若年白内障については、術後は調節力がなくなることを十分話さなければいけません。反対の目よりも近くが見えない目になることを数回に分けてご理解していただき、手術しました。こういう若年白内障の方こそ、多焦点を入れてあげたいところですが、自費治療ですので、そうもいかないのが現状です。ただ、保険診療の単焦点レンズでも白内障が取れただけで、ご満足いただけたようで良かったです。

70代男性

3、4年前よりゴルフ、野球観戦等でボールが見づらくなり、車の運転にも不安になり、当医院で手術を受けました。
手術は短時間で痛みもなく、術後はすごく明るくなり風景も変りました。
暖かくなればゴルフ、野球観戦など楽しみです。
先生、スタッフの皆様有難うございました。

医師コメント

この方の手術前の目は、40センチにピントが合っている近視でした。スポーツが趣味で、術後はゴルフ、車の運転が裸眼でできると嬉しいとのことでしたので、術後は遠くにあわせることになりました。ただ、この場合も術後は術前より近くが見えないことを十分にお話して理解していただきました。術後裸眼で遠方1.2となりました。近くは少し見えにくく、近く用の眼鏡を作りましたが、「それより遠くが見える方が嬉しい!」とのことです。人それぞれのライフスタイルに合わせたレンズ度数設定が大事ですね。ただ、患者様によっては様々な「勘違い」をされていることがありますので、その場合には、こうした方が良いと思うことをはっきりと申し上げるようにしています。

70代女性

私は白内障が進んでいると分かりながら眼の手術は不安があり延ばしていました。初めて受診したのがサトウ眼科でした。
先生の患者目線での対応とやさしさに安堵して決意しました。手術は思っていた程でなく短時間で終り、手術中も経過説明をして下さるので安心して受ける事が出来ました。
視界が広がったことにより、今まで何をするにも気力がなく諦めていましたが、術後は気持も明るくなり「活力」が出てきました。今後は何事も前向きに考え挑戦しようと思えるようになり嬉しい限りです。
先生、スタッフの皆様ありがとうございました。「感謝」です。

医師コメント

この患者様の白内障は、白内障の中でも「皮質白内障」という濁り方を強く認めました。こういう方は、思った以上にかすんで見えていることがあります。この患者様も術後「見える見える~~。今までと全然違うわ~。」と診察室に嬉しそうに入ってきてくれました。良かったですね。

このページの先頭にもどる