眼瞼下垂手術の感想

手術を受けられた方からの感想です。患者様にはアンケート記載時に、ホームページへの掲載について了承を得ております。
※患者様から頂きました感想はあくまで患者様個人の感想です。悩んでおられる方等の参考までに掲載しております。

40代

目が楽に開くようになって仕事がしやすくなった。

医師コメント

片側のみが軽度の眼瞼下垂を認めた患者様。
内側、結膜側からする経結膜法をお勧めしました。内側から結膜を切開し、ミュラー筋をターゲットとしてタッキングしています。とても自然な仕上がりになり、お喜びいただけました。
ただ、この方法は効果が出にくい方もいるので積極的にはお勧めしていません。適応が限られる方法だと思ってください。

50代

まぶたが上り顔の表情が良くなりうれしく思っています。
ありがとうございました。

医師コメント

緑内障と眼瞼下垂で近医からご紹介いただいた患者様。
片目のみの眼瞼下垂を認めていました。皮膚側から切開して、余分な皮膚も十分切除し、挙筋腱膜を短縮しました。
無事に手術が終わって良かったですね。

50代

視界が広くなった。
事務作業中、目のつかれにくくなった様に感じる。

医師コメント

兵庫県西部から受診された皮膚弛緩症の患者様。
比較的軽度だったので、眉毛の下から8mm程度余剰皮膚を切除しています。視界が広くなって良かったですね。

50代

眠たそうと言われていたのがなくなりました。
若くなったねと言われるので嬉しいです。

医師コメント

眼瞼下垂が起こると、アゴが少し上がり、目と眉毛が離れて、おでこにシワがよった顔つきになります。
そのため、やや老け顔になりますが、手術して改善したようで良かったですね!

70代

目の開閉がとても楽になった。
上側があごを上げなくても見えるようになりうれしいです。
手術後、一週間は痛みと腫れがあり心配した。

医師コメント

もともと目の横幅も短いようで、全体的に目が小さく見えていた患者様。
そこに加齢による眼瞼下垂が加わり、不便そうでした。
術後目が楽に開くようになり良かったですね。

60代

目が楽に開き、視界が広がり、めがね等かけなくてもよくなった。

医師コメント

片目だけ、ほとんど目が閉じたように見えるぐらい下垂が進んでいた患者様。
切開する場所で二重ができるので、その場所を術後に左右差が少なくなるよう見極めるのが大事です。
無事にいって良かったですね!

70代

今迄は午後から夕方にかけて、まぶたが重くなり、眠くなってきていたのが術後なくなり、快適にすごせる様になりました。
違和感もなく、手術を受けて良かったと思っています。
ありがとうございました。

医師コメント

眉毛下切開で皮膚切除した患者様。
白内障手術後半年で手術されました。まぶたが軽くなって良かったですね!

70代

左右の眼のバランスが悪くて気になっていましたが、手術後、大変良い感じになり、毎日鏡に向かうのがうれしいです。

医師コメント

上まぶたのたるみに対して余分な皮膚を眉毛の下から切除した患者様。
思ったほど手術も痛くなくて楽だったそうです。良かったですね!

50代

コンタクトレンズが入れやすくなった。

医師コメント

片目だけまぶたのたるみがあり、眉毛の下から余分な皮膚を切除した患者様。
中に片目だけ開けにくかったり、重かったりする患者様がいらっしゃります。
術後の顔つきを見るとバランスもよく、コンタクトも楽に入るようになったとのこと、良かったですね!

60代

まぶたが軽くなり、広がったせいか顔立ちがキツく見られる様になった。
人に気弱く見られがちだったが…。
今は逆でそれでナメられなくなった様な感じでよかったと思ってます。

医師コメント

ハードコンタクト長期装用に伴う眼瞼下垂に加齢性変化が加わった下垂の方。
手術前は上まぶたのふちのカーブが瞳を隠してしまうぐらいまぶたが下がっていました。
それでは見えにくいので、おでこをがんばって緊張させ、眉毛を持ち上げて視野を確保している状態でした。そこから、黒目(角膜)の上縁近くまでしっかり上がったのでお顔つきは別人のようでしたね。
綺麗に上がって良かったですね!

80代

・写真うつりがよくなった。
・齢より若くなったと云われます。
・仲間も沢山お世話になっておられて、安心して通院手術を受ける事が出来ました。
  有難うございました。

医師コメント

他の方と同様に白内障手術後2か月で眼瞼下垂手術を行った患者様。
よく見えるようになり、顔つきも若返られて良かったですね。医院の待合室で偶然お友達と会うという機会があったそうですが、多くのお友達に当院をご利用していただいているようで有り難く思います。

70代

目をひっくり返す時が非常に痛かった。
術後とても良かったです。
目が大きくなり楽になりました。

医師コメント

当初より眼瞼下垂と白内障を指摘していた患者様。
まずは白内障手術を行い、術後2か月で眼瞼下垂手術も行いました。皮膚のたるみもあったので、たるみもしっかりと除去し、顔つきが良いように変わりましたね。
目をひっくり返すというのは、手術前の麻酔のことだと思いますが、僕の場合、内側の結膜下にしっかりと麻酔を利かすため、眼瞼下垂鈎という器具をかけてしっかりと麻酔を効かせていますのでご容赦ください。
今後の痛みに対する対策としては、2018年秋に笑気麻酔というボーっとするような麻酔器の導入を決めています。より楽に眼瞼下垂手術を受けていただけるよう今後も努力しますね。

70代

目がはっきりとして顔つきが良くなったと言われます。

医師コメント

白内障手術後2か月で眼瞼皮膚弛緩症の手術を受けられた患者様。
最大幅13mmの皮膚切除を行っており、まぶたもすっきりしました。良かったですね。

60代

手術前はシワが気になっていましたが、手術後は眉を上げないためか、少し気にならなくなったように思います。
有難うございました。

医師コメント

症状としては、目が重く感じるというのが主訴だった患者様。
眉毛を挙げて、おでこの筋肉を収縮させている緊張状態でした。術後におでこの筋肉の収縮がなくなり、眉毛が落ちてくるかどうかは、人それぞれ違うところがあり、確実な予測はできませんが、この方は術後におでこの筋肉を使わなくなり、重さが取れたようでお喜びいただけました。良かったですね。
通常は僕の場合同日に両目の手術を行うのですが、この方はご希望により片目ずつ行いました。

70代

・ふさがっていたのが楽に開くようになった。
・視界が広くなり、運転もしやすくなった。
・若返った感じがして嬉しい。
・遠方から通ったかいがあった。
    感謝

医師コメント

鳥取県から手術を受けに来ていただいた患者様。
たまに神戸に遊びに来るというのもあったようですが、ホテルに泊まって日帰り手術をされました。
術後結果もよくてお喜びいただけた良かったです。

60代

手術後顔が若くなったと人から言われた。
車の運転が楽になった。

医師コメント

白内障手術後2か月でまぶたの弛みを取る手術(眼瞼皮膚弛緩症手術)を受けられた患者様。
まぶたの手術後に男性の患者様で運転がしやすくなったという患者様は比較的多いですね。運転にはやはり広い視野が必要なんでしょうね。
良かったですね!

80代

新聞テレビ等見やすくなりました。
上まぶたをもちあげようとしてるためおでこにシワ眉毛がハの字型になるのが防止できました。

医師コメント

上まぶたの皮膚のたるみを切除した患者様。
皮膚のたるみで見えなくなっていた目のふちが、くっきり見える顔つきになり良かったですね!

60代

カスミがかかった様な感じで見えていた物が、テレビなどもハッキリと見える様になり、気分がスッキリしました。
ありがとうございました。

医師コメント

もともとはっきりした二重まぶたが、眼瞼下垂によって目の縁と離れた二重になっていました。
まぶたを上げる力を手術で修正して、二重も昔の状態に回復させることができました。良かったですね!

60代

逆まつげでは痛かったがそれ以外は殆ど苦痛はない。
裸眼で新聞も読めますが、やや見ずらいのでハズキルーペでみています。 小五から眼鏡をしていましたがそれがいらない生活は良い気分です。

医師コメント

おそらく若いころから目が細い顔貌をされていた患者様。
そこに加齢のため、まぶたを上げる力が落ちてきて、さらに目が開いていない印象でした。術後は楽に目が開いている顔つきに変わりました。
メガネがいらなくなったのは、眼瞼下垂手術前に白内障手術をされているからかと思います。

70代

毎日数時間PCの前で書類作成、メール、ウェブ等々いろいろなことを行なっています。手術前にPCの画面の上部が顔を持ち上げないと見えなくなっており、直ぐに肩コリが起こるようになっていました。運転免許更新の検査で視野が狭くなっていると云われました。
先生にご相談致しましたが、直ぐ検査していただき、眼瞼下垂手術を行っていただきました。手術後は普通の姿勢でPC画面が全て見えるので肩コリの症状がなくなりました。又、運転もし易くなりました。ありがとうございました。
また、当医院でお世話になり、先生をはじめ全スタッフの方たちが非常に心温かく、いつも私達を心から気遣ってやさしく接していただき、いつも安心して通院させていただきました。

医師コメント

奥様が当院で白内障手術を受けられ、すぐに勧められて受診した患者様。
まずは白内障手術を行い、次に眼瞼下垂手術を行いました。
おでこの筋肉を使わなくても目が開くようになったので、おでこのシワも浅くなりました。良かったですね!

このページの先頭にもどる