その他の治療 | 西宮市のサトウ眼科 西宮駅徒歩5分

厚生労働省認定の先進医療実施施設/ICL認定クリニック サトウ眼科

その他の治療

当院は一般眼科治療はもちろん、逆まつ毛の手術、翼状片手術、翼状片手術、霰粒腫の手術、顔面のイボの手術などの手術をしております。この症例に関わらず、目の不調や目の周りの不快感がありましたら、お気軽にご相談・診察ください。

逆まつ毛(眼瞼内反症・睫毛内反症、睫毛乱生症)の手術

下まぶたが内側に向いていると睫毛(まつげ)が目の表面に当たることで、まぶしさや涙が出たりします。加齢性変化と判断された場合にはJones変法にて手術を行います。上まぶたの睫毛が先天的に目の表面に当たっている方は、美容整形手術でも行われるような切開法にて睫毛の向きを変えて目の表面に当たらないようにします。

逆まつげとは?
様々な原因によって、まつげが眼球に向かって生えている状態で、まつげが目の表面にあたることで、まぶしさや涙が出たりします。
  • 眼瞼内反症の手術

    眼瞼内反症手術前・手術後 眼瞼内反症手術前・手術後

    主に高齢者に見られる「逆まつげ」で手術は「Jones変法」にて行います。これは、弛んでいる下眼瞼牽引筋腱膜を修復する手術です。

  • 睫毛内反症の手術

    睫毛内反症手術前・手術後

    主に幼少期から小児に見られる「逆まつげ」で、毛根が内側を向いていたり、余分なまぶたの皮膚に押されて内側へ向いてしまうことで起こります。成長とともに自然に治ってしまうことも多いですが、治ってこない場合や重症度によっては手術が必要です。手術は「Hotz変法」にて行います。

  • 睫毛乱生症の手術

    まつげの一部が毛根から内側に向いていて、角膜にあたることで、コロコロしたり、涙が出たりします。通常は抜くことで改善させますが、毎週のように抜くために受診しなくてはならなくなる方がおり、希望があれば手術にて改善させます。「睫毛根抜去」や「瞼縁を回転させるHotz変法+lid margin splitting」を行います。

翼状片手術

翼状片手術前・手術後

白目(結膜)の一部が異常増殖して黒目(角膜)の上に覆いかぶさってくる病気を翼状片と呼びます。充血、コロコロ感、乱視の増強、視力低下など症状が強くなれば手術的に切除します。単純に切除しただけでは再発することがあるので、当院では、主に「遊離結膜弁移植」を行っています。

結膜弛緩症手術

白目(結膜)に弛みができて、涙が多く流れたり、目のゴロゴロ感が起きる状態に対して弛みを除去する手術を行います。当院では症例により「縫着法」と「焼却法」を行います。

霰粒腫の手術

瞼の腫れ、腫瘤で「ものもらい」「めばちこ」「めいぼ」などと呼ばれている疾患です。急性期を過ぎて、しこりのような腫瘤が残った場合に、手術を行います。皮膚側から切開するか、結膜(中から)から切開するか、患者様と相談の上、決定致します。

顔面のイボの手術

目のふちのイボの手術前・手術後 眉間のイボの手術前・手術後

高周波メスのサージトロンを使い、表面に突出した老人性イボ(脂漏性角化症)の切除を行います。必要なものについては、病理学的検索も行います。非常に短時間で除去できます。

このページの先頭にもどる