焦点レンズ ファインビジョン | 西宮市のサトウ眼科 西宮駅徒歩5分

厚生労働省認定の先進医療実施施設/ICL認定クリニック サトウ眼科

3焦点レンズ ファインビジョン

ファインビジョン(FINE VISION)は、PhysIOL社(ベルギー)から2011年に発売された、従来の多焦点眼内レンズの特性(遠くと近くの2焦点)に加え、と中間距離にもピントが合う3焦点眼内レンズです。

3焦点レンズ ファインビジョン

ファインビジョン(FINE VISION)は、PhysIOL社(ベルギー)から2011年に発売された、従来の多焦点眼内レンズの特性(遠くと近くの2焦点)に加え、と中間距離にもピントが合う3焦点眼内レンズです。

レンズの構造と特性

レンズ

このレンズは、アポダイズド回折型で非球面デザイン、遠くと近く、遠くと中間距離の2種類のバイフォーカル(2重焦点)レンズを組み合わせた二重構造になっているため、遠く、中間、近くにピントが合います。

材質は親水性アクリル、ブルーライトと紫外線をカットする着色レンズです。

眼内レンズは、焦点を増やせばそれだけエネルギーロスとなり、通常はコントラスト感度が低下しますが、ファインビジョンはエネルギーロスが従来の2焦点レンズより少ないにもかかわらず中間距離の視力も良好であること、またアポダイズド構造によって、グレア、ハローがかなり軽減されるのが素晴らしいところです。

また、角膜乱視があるために多焦点が好ましくないと思われた方に対しても、乱視矯正用のレンズがラインアップされているので多焦点眼内レンズの適応が拡大されます。

ファインビジョンの特徴

  • 1「遠く」「中間」「近く」の3箇所にピントが合う、2焦点眼内レンズよりも中間が見やすい
  • 2 2焦点レンズよりも眼鏡の必要性がさらに減る
  • 3 2焦点レンズで問題であったグレア、ハローが少なくなっている
  • 4 乱視があっても矯正可能

3焦点レンズ ファインビジョン 動画

このページの先頭にもどる